カレンダー

プロフィール

らんさー@RanzeL

Author:らんさー@RanzeL
山梨出身の千葉で一人暮らし中の大学生
ロード(KUOTA KEBEL)と改造クロス(Escape)
あと写真(EOS 7D 5D,FUJIFILM X30)を楽しむ人

ネトゲもやるよ(TERA・ドラネス・英雄伝・メイプル・WR・WarThunder・そのたいろいろ)
音ゲーもやるよ(jubeat・リフレク・SDVX・弐寺・ポップン・ギタドラ・GROOVE COASTER)

夢は水曜どうでしょうみたいな旅をいろいろな形でやること。


自転車弄りやサイクリング、写真とゲームなんでも適当に不定期で更新していきます。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カウンター

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香川へ旅行 第二夜

Category : らいふ
第二夜です。

といっても2日目というわけではありません。ただ単に2記事目です。
前回更新が3/4だからまだ一ヶ月あいてませんね!
思い立った時にやらないとずっとやらなくなるので書きます。






DSCF0402.jpg

前回最期にご紹介した軽キャンのこいつ。
今回の移動手段&寝床になります。
まあわかってはいましたが、小さい。

後部座席はなんかもう、一応乗れます程度。
位置がね、高いんですよ。座る場所の
だからすごく不安定でカーブとか正直怖かったですねえ…。


DSCF0403.jpg

なにわともあれ、うどんを食べる旅のスタートです。

DSCF0408.jpg


最初に目指したのは「山越うどん」
どうでしょうでも度々登場し、どうでしょう班がうまい!と絶賛するうどん屋さん。
期待するなという方が無理です。

時間的に終わってしまうのではないかと心配になりながら行きましたが、なんとか到着

DSCF0411.jpg


そして注文。

DSCF0415.jpg

香川初うどん。
山越えの「釜玉」
まずうどんのツヤに驚かされます。
そして卵と混ぜた時のあの微妙に玉子が固まってうどんに絡む感じ。
絶妙な出汁醤油。

一発目からヤラれます。
うどん屋をこの後にも周る予定だったため、一玉で頼んでしまったのが惜しく感じます。
誰かさんは二玉頼んでましたが。
(映画の「UDON」で言っていたのが、釜玉の黄金比は2(うどん2玉):1(卵1個)ということらしいです。)

さて、一発目から満足…


DSCF0422.jpg



んん!?

おやおやそれは3玉目じゃないですか先輩。
釜玉以外にも食べてみたかった、ということでもう一玉を追加で持ってきていました。
皆で分けつつこれも美味しく頂く。




いやあ、うまかった
とゆっくり時間を潰すわけにも行きません。
うどん屋巡りは時間との勝負なのです。

大抵のうどん屋は2時くらいになるとしまってしまうため、急がなければなりません。


DSCF0432.jpg

そして「松岡うどん」へ到着
時間はギリギリ。


DSCF0431.jpg

250円也

この松岡うどんも旅の間ずっと話しに出てくるくらい美味しかった。
なんといっても強めのイリコ出汁。
この出汁は本当に美味しかった…。

あぁうどんが食べたい…

しっかり平らげ次を目指す。



DSCF0435.jpg

そして「こだわり麺や」へ到着

ここは規模の大きいお店で、建物もチェーン店のような感じ。
実際チェーン店なんだっけ?わすれましたが


DSCF0433.jpg


ここではなぜかカレーうどんを選択。
420円也
具がしっかりと煮こんでありとても美味しい
しかしちょっと甘かった。個人的には失敗。
だがぶっかけ冷を少し食べさせてもらったが、強めのコシでとてもおいしいうどんでした。



というわけで1日目のうどんはコレで終わり。
まあ到着した時間も時間なので3軒しか周れませんでしたが、正直お腹はいっぱいです。
5軒とかは厳しいなと改めて実感した時でした。

その後は移動し、近くに航空公園があるということで向かいます。


DSCF0437.jpg


到着すると雪が舞い始める…。
そして寒い。


2015_02_09_4877.jpg


しかし雪はすぐに無くなり、こんな風景が見れられるようになりました。
といっても200mm+APS-Cでこの程度ですから、ちょこっと見える程度です。


せっかくなので記念撮影

DSCF0442.jpg


その後は時間つぶしと、食材を仕入れるためにイオンへ笑

そこで駄菓子をいくつかと夜ご飯(カップラーメン)と酒を手に入れ、本日のお宿(道の駅)へ向かいました。

当初は「道の駅 しおのえ」で一泊予定でしたが、おもったより道の駅が小さかったことと、もう少し進んでおくかということで
実際に寝たのはしおのえではありませんでした。
しかし、侮る無かれこの道の駅。川を挟んだ反対側に「行基の湯」という温泉があるのです。

この温泉がまたよかった。
たぶん香川で入った風呂の中で一番良かったと思う。個人的には。


そしてお風呂から上がったあとにまた走り「貞光ゆうゆう館」という徳島に入ってすぐにある道の駅を寝床に決定しました。

DSCF0451.jpg


こうやってみるとちょっとかっけえな…。

中での食事はこんな感じ

DSCF0453.jpg


んー!画像だけだとなんとも貧乏旅行してる。
まあ実際間違っちゃいないんだけど。
でもやってみると、やっぱり面白い。キャンピングカーお勧めですね。

この御飯のあと駄菓子屋で買った「ビンラムネ一本勝負」とかやるんですけど、まあそれは次にでも…。


この調子で書いてて終わるのか?この香川の記事。



Fin
スポンサーサイト

香川へ旅行 第一夜

Category : らいふ
タイトルとおり、香川へ旅行へ行ってきました。
そう、うどん県です。
いや、もはや「県」ではないのかもしれません。

DSC_0251.jpg

パスポートがあるくらいですからね


もう「国」つくってもいいんじゃないですか、香川さん。



この香川旅行はサークルの先輩二人と行きました。
先輩というより、「先輩?」のほうが正しい感じですねもはや

DSCF0328.jpg

右を歩いている小さいのは、予定していた電車の発車10秒前に乗り込んできたおバカさん。
なので写真もこうしておきます。


DSCF0328a.jpg

私の良心が働いたので一応曖昧にしておきました。


今回の発着空港は成田空港。
航空会社はジェットスターです。安いです。

DSCF0340.jpg

ちなみに搭乗券もなんかペラッペラで非常に安っぽい。
私の搭乗券とかもらった時に印刷ミスされてたし。
まあこのへんも格安航空だということで我慢。

荷物を預けたら搭乗時刻まで成田空港を探索します。
いや、探索というよりは搭乗口の近くで飛行機が見れる場所をさがします。

DSCF0345_20150304003339c6f.jpg

この子は歩く歩道で遊んでいました。

結局飛行機の見れるいい場所がみつからず、搭乗口の近くで待つことに。
飛行機にのって向こうについてしまえばうどんがたくさん食べれるのに
お腹が空いてしまったのでこんなものを食べました。

DSCF0343_20150304003339517.jpg

これが思ったよりも美味しくない。
騙したな!ヨネスケ!!



そして搭乗時間に
今回乗る飛行機はこいつ

DSCF0357.jpg


いまさらですけど、私は高所恐怖症なので正直飛行機が大変恐ろしい。
あの浮いている感じ(実際浮いてる)、地に脚がついていない感じ(実際ついていない)

なんともいえない恐怖です。
もともと人間は空を飛べないんですから素直に地上で移動をしていればいいのに、偉い人が空を鳥のようにとか考えちゃうから未来の自分たちはこんなにも苦労を───


まあ文句は出ますが


DSCF0370.jpg

DSCF0382.jpg


空から見る景色は本当に綺麗です。
なんという山なんでしょうかねえ。
たしか山梨県上空くらいで撮った記憶があります。

ちなみにおバカさんは乗り物酔し易いのに調子乗って写真撮りまくってたら酔いましたね。案の定。


着陸(と隣の人が発射するのではないかという)の恐怖を味わい、1時間と30分くらいで

DSCF0386.jpg


うどん県到着
あれだけうどん県推しておいて、まだそれだけじゃないんですもの。さすが香川さん。


DSCF0391.jpg


到着と同時にもう推されまくってるぞ!うどん以外も推してけよ!!
とか思っていたら申し訳程度に牛が写ってました。今気が付きましたけど。
しかしここまで推されると
うどんへの期待が高まるばかりですねえ!

というわけで

DSCF0395.jpg


高松空港へ上陸
今回なんとなくダンボーを連れて行きましたが、正直後半はずっとダッシュボードにいたのでまったく写りません。

そしてレンタカー屋さんに言って今回の旅の相棒へ会いに。
その相棒が


DSCF0402.jpg

こいつだ!!


軽キャンピングカーのINDYです。
こいつがなかなかの曲者なんですが、それはまた次の記事で。

え?うどんが出てこないって?
それも次の記事で。
はい。なるべく早く更新します。


Fin

CANON新シリーズ発表

Category : しゃしん
CANONが新シリーズを発表していましたね。
自分はメールで知ったので情報としてはかなり遅いものとなりましたが、結構印象に残ったのでブログにでも書こうかなと思って書いてます。


まず発表したもの。

・約5,060万画素CMOSセンサーを搭載した “EOS 5Ds/EOS 5Ds R”を発売
・AF性能が大幅に向上し高画質と優れた操作性を実現した“EOS M3”を発売
・EOSのエントリークラスにおいて最高画素の高画質を実現した“EOS Kiss X8i”と“EOS 8000D”を発売
・世界最広角の超広角ズームレンズ “EF11-24mm F4L USM”を発売


うーん。なんだか盛りだくさんですね。
つか1D の新しいのはまだなんですね。
まあ他のハイアマチュアとかと一緒に発表とかはしないんでしょうか?

それはさておき、まず目を引くのが5Ds」「5Ds Rですね。

5ds.png
5dsr.png


なんといっても5000万画素に目が行きます。
(いや、キャノンレンズさんは2000万画素でも解像出来てないとかいっちゃダメ!)
「5Ds R」は5Dsのローパスレスモデルになるようです。
実は僕がこの間買ったx30もローパスレスモデルです。

そもそも「ローパスレス」とは何なのか?という疑問から始まるわけですが
簡単にいえばセンサーに当たる過度な光を間引いて(つまり一度画像をぼかす)フィルターをなくしてしまおうというもの。
専門的な話になると僕も正直自信ないのであとは調べてみてください。
なぜ画像をぼかすの?とかはCOMセンサーとかの特性に関わっています。(たしか)
ほとんどのデジタルカメラのセンサーの前にはローパスフィルターというものがあります。

a8d7887dc7f284129372bb8fe56f962b.jpg
まあコレはあくまでも例ですが…。

こいつがいるせいでモアレなどが防げているわけです。
しかし一度画像を意図的に「ぼかしている」ためもちろん出来上がる画像の解像度に差が出てきます。
ローパスレスのほうが画像が「キッカリ」しているとかよく言いますね。

まあ正直素人の知恵袋ちょっとあさっただけなんであってるかわからないですけど。
とりあえず注目スべきは画素数!
5000万画素とかもう今までのレンズ捨てろってことですか!!
いやまじで解像しきれるレンズかなり限られるでしょうね…。

他にも低振動シャッターメカなどなどいろいろな機能が。
EOSシリーズとしてはかなり新しいものを詰め込んできたなといった感じですね。
ちなみにお値段が、EOS 5Ds・5Ds Rともにレンズキットは用意せず、実売価格はEOS 5Dsが46万8000円、EOS 5Ds Rが49万8000円。
最近に限った話じゃないですけど、見た目と値段が見合ってないような気が…。
50万もするカメラに見えますか?僕は見えません。




次に「M3

m3-wh.png
今回は白も出るみたいですね。


コレは完全に今までさんざんクソだ糞だといわれたAF性能を何とかしたんでしょう。
今回は流石に良くなってるといいですね。
まあミラーレスに興味はないのでわりとスルー。





次に「X8i」と「8000D」ですね。

x8i.png
8000d.png


まあKissはいいんじゃないでしょうか。X7ともちょっと差を出して売る感じ。
そのうち「X8」モデルんだと思うんですけども、そっちのほうもちょっと楽しみ。

しかし「8000D」、君の存在意義…。
Kissと二桁Dとの中間モデルのような、そんな感じ。
そういう意味ではCANONも売り方が上手い気がしますが、これから4桁Dはどういう方向に向かうんでしょうね…?





さて、「EF11-24mm F4L USM」ですが…。

ef1-24-f4-usm.png
うーんLレンズってなんでこんなかっこいいのか


コレはすごくほしい!!!!

これは新しい大三元に入り込んできてもおかしくないとは思いました。
まあそもそも僕は24-70くらいのLレンズをまず手に入れたいところですが…。
ここまで広角のレンズは考えてなかったので、うーん物欲が止まりませんなあ。
価格はメーカー価格で45万円

いや買える値段じゃねえよバカ!!!!!




とまあ色々CANONも出してきましたが、カメラとか新品で買えるものなんてないので中古で5D2か3でも狙ってみますかねー…

金ないけど!!


Fin

x30用バッグ&ストラップ&三脚を購入

Category : しゃしん
2/3
本日は節分ですね。
一人暮らしには基本的に関係ない行事なんですけども(当社調べ)

DSC_0221.jpg

安かったので恵方巻きだけ買いました。
ジバニャンの恵方巻きだニャン!
正直、気の迷いで買った感じだったのですが美味しかったので良かったとしましょう。





本題です。

最近X30周辺グッツを漁っては買ってという感じでどんどん増えていきます。
記事にはしていませんが、純正レンズフードが曲がったのでモデルチェンジ前のLHF-10Xを中古で手に入れてあります。
此方は52mmのステップアップリングにフードが付いている感じなので、これがあれば52mmのC-PLなどを付けることも出来ます。


DSC_0202.jpg


まずはバッグとストラップ
バッグはThinkTankのミラーレスムーバー5を買いました。


DSC_0204.jpg


中はこんな感じ
今回は中を分けるためのクッションは必要ないので取ります。


DSC_0206.jpg

レンズフードをつけたまま入るバッグをずっと探していていたのですが、なかなか見つからず
最終的にコレとロープロのウルトラズーム100と悩んだ結果此方になりました。
サイズはしっかりと吟味したのでまさにピッタリ!!やったぜ


DSC_0205.jpg


ここはマグネットになっています。
そのため上のチャックを開けておいてここだけで留めておけば、即座にカメラを出すことも!
これはちょっと便利。



さらに到着して知ったのですが


DSC_0229.jpg


まさかのレインカバー
前ポケットはレンズキャップとか入れようかなーとかおもってたのでコレはちょっと以外。
嬉しい誤算?なのかもしれないです。

DSC_0230.jpg

カバーはすべてを覆うのではなく上からかぶせると下まではカバーできないですね。
まあ上だけ被せることができれば普通は十分でしょう。



続いてストラップです。


DSC_0207.jpg


色は4種類ほどありましたが、オーソドックスな黒で合わせます。
もともと純正のベルトはあったのですが、純正は首から吊り下げるタイプのものなんですよね。
私は一眼もベルトを手首に巻きつけて撮るので正直邪魔。
なので今回買い足したというわけです。


DSC_0209.jpg


うん、いいじゃないでしょうか!!




最後に三脚


DSC_0226.jpg


ヤフオクで在庫処分なのでしょう、500円+送料で手に入れました。
比較するものを置き忘れましたが、長さはこの状態で30cmないくらい。
重さは500gないくらいでしょうか?
コンデジ用なのでなるべく小さくて軽いものを買いました。


DSC_0227.jpg


展開した様子。
もちろん軽量なので高さもそこそこ
まあ普通に使うのであれば十分!


DSC_0228.jpg


チルト画面はこういう時でも便利ですね。


しかしこの三脚、かなり前の在庫品なのか新品にもかかわらず動きが鈍い。
なんかグリスが固まっている感じ…?
うちにあるシリコンスプレーとグリスをつけて良くはなりましたが、作りはかなり悪いなあと思いました。
まあ値段が値段なので文句も言えませんが、Kenko製なのか?と疑うほど。

また脚が予想以上に頼りない。
これは対応荷重800gですがそんなに耐えられる気がしない笑
まあ一眼には別のものがあるのでいいんですが。



とりあえず香川に持っていくための準備は着々と進んでおります。
ほんと楽しみ



Fin

やめません。

Category : しゃしん
今更更新しといて、とか思われるかもしれませんが
まああるものを消すのももったいないですし、またちょっとずつ更新できればいいなとか考えています。

いかんせん、文字がただ単に書いてあるblogっていうのが個人的に読んでいて面白くない
というかしっかり読まないのでなるべく写真をふまえて記事をつくろうとはしているんですけども、写真をアップするのがめんどくさい。
ひどい理由ですがこれが理由で更新しなかったと言っても過言ではありません。

だって写真1枚につき2Mまででしょ?デジカメで写真撮ったって圧縮しないと貼れないとか正直めんどくさい。
さらに画像のサイズ変更しなくても勝手に縮小表示してくれればいいのに、どうやらFC2にはそれがないというのもまためんどくさい。

つまり写真を使う記事を上げたいのに、その写真を用意するところがめんどくさい。

なんかめんどくさいしか言ってないんでまた更新止まりそうですけど、なんかそのへんでいい案とか、実は画像かってに圧縮してくれるとか。あったら教えてください。
なんか外部にアップロードできてそれをブログに貼り付けとかできないのかな?
一眼とかでとった写真を圧縮して汚くするのは正直もったいないし。
なんかもうくだくだですけど、まあそんなところです。






話は変わりますが(変わるのか?)
最近FUJIFILMのX30というコンデジを買いました。いわゆる「高級コンデジ」ってやつです。
どうしても一眼(7D)だとレンズによっても変わりますが重くてなかなか持ち運ぶのに勇気がいる。
白レンズなんてもっていくならなおさら。
そんな中で高級コンデジを買ったことによってもっと写真の幅を増やそうという目論見です。

実際どの程度間で綺麗に映るかというのは、まあスペックによって変わるのでなんともですが
このx30ではセンサーサイズのわりにはしっかりとボケるし、FUJIFILMの色合いが個人的良いとおもったので購入しました。

(写真はクリックすると拡大されます。)

DSC_0084.jpg



>ってあれ?

サムネイルが大きく表示しても画像が荒れない。
前はひどいことになった気がするのに!?
これで画像の問題1つ解決じゃんワロタ



はい。





DSC_0091.jpg



DSC_0093.jpg




届いて次の日にわざわざ買いに行ったこのプロテクターつきフードは、つけた次の日に落として見事に曲がりました。

マジショック


B65b_PFCAAAsyq9.jpg

まあ使えるには使えるんですけどね

今は52mmのアダプター噛ませられる純正フード(黒)を中古で買ってつけてます。
シルバーのものも使えるのでこっちとは使い分けて行けたらなと思っています。


そしてx30でとった写真がこちら

DSCF0173.jpg


FUJIFILMの面白いところはフィルムシュミレーションという機能がある所
さすがフィルム屋さんといったところか
いろいろな色合いに簡単にすることが出来ます。
しかも、元々あるフィルム、たとえばFUJIFILMの作っているVelvia(ビビッド)というフィルムの色合いに簡単にできたりします。
なので赤色だけを残すようなことも簡単にできます。

DSCF0174.jpg

まあこれを使って写真をうまく撮るには相当な練習をしないと難しそう…。


DSCF0193.jpg

発色を濃くするVelviaをつかえば風景がとても綺麗に見えますね。下手でもいい写真に見えるから良い(汗)


DSCF0224a.jpg

フルサイズとかAPS-Cとか、そういうのに比べればもちろんボケは弱いですが
正直ここまでボケれば僕としては満足です。
でも花をマクロでーとかになってくると物足りなかったりするんでしょうか。


DSCF0279.jpg

モノクロだって簡単に。モノクロっていってもいろいろあるみたいですね。今まで触ってこなかったのでさっぱり。
ちなみに写真は銀座です。


DSCF0300.jpg

高感度性能はどうかと言われるとそんなに良くないです。
ノイズもそれなりにでますし。
でも手持ちでぱっと撮ってこれだけとれれば満足です。どうせガッツリ撮るのであれば三脚使うので。



数枚写真を上げてきましたが、コンデジという枠の中では十分なくらい綺麗だと個人的には思います。
センサーサイズが大きくなってきているミラーレスも考えていたのですが、はやり持ち運びを考えるとレンズなどもありますし圧倒的にコンデジの方がいいです。レンズをどうせ持ち運ぶならもう一眼持ってきますよって感じでした。

あと…、このカメラを選んだ最大の理由が
「ファインダー」
なのです。
前モデルまではOVFだったのですが、このモデルからEVF(電子ビューファインダー)になりました。
最初はどうなんだろう?と抵抗があったのですが、実際に店頭で手にとって見るとそんなに気にならない。
むしろこれはこれで様々な情報をここだけで表示できるので便利!
フィルムシュミレーションもファインダー覗きながら設定できます。

まあそんなこんなで、まだまだ使い慣れては居ませんがたのしく写真撮って行きたいと思っています。






また話が変わります。

てか更新してなかったから書こうと思えば書くことはたくさんあるのですが

2月に香川にいってきます。もちろん目的は
「うどん」

3泊4日で軽のキャンピングカーを借りていく予定!
キャンピングカーはちょっと夢だったのでほんとたのしみ。(糞寒いだろうけど)






まあ色々書きましたが、とりあえず今回はこのへんで
続くといいな更新()



end

検索フォーム

twitter

twitter

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。